生活メモ

生活メモ

電気

30Aのブレーカーでは3000Wまで使える

電圧×電流=電力より、電流=電力/電圧。ふつうの家庭のコンセントに届く電気の電圧は100V。つまり、各電化製品が使用する電流は、その電力を100で割ればいい。1000Wのトースターであれば10A。500Wのエアコンであれば5A。

仮に1000Wのトースター、1000Wのドライヤー、500Wの電子レンジ、500Wのエアコンを同時に使うと30Aなのでブレーカーが落ちてしまうかもしれない。実際には全機器フル稼働するわけではないのでたぶん落ちないけど。

電気代

俺が契約しているあしたでんきでは、東電管内では1kWh=26円(税込み)。1kWhとは、1000Wの電化製品を1時間使用したときの電力量。たとえば1000Wのトースターを1時間使用したときの電力量が1kWhであり、電気代は26円となる。エアコンを1時間使用して、平均の電力が150Wとすると電気代は3.9円。

メルカリ

らくらくメルカリ便

公式の手続き説明は、レジでの手続き部分が不十分なのでメモ。

  • PCからはPUDOからの発送はできない。コンビニで対面で発送手続きしないといけない。
  • レジで受け取るものは「ご依頼主控」「荷物貼付用」の用紙とサイト連携専用袋の3点
  • 荷物貼付用を折り曲げ線で折り曲げ(店員がやってくれることもある)、専用袋に入れる。
  • 専用袋の裏面をはがす。目印がなく店員の目もあって慌てがち。端っこからはがす。すると端から1/4だけはがれるが、残りの3/4もはがしてから荷物に貼り付ける。
  • あるいはふたつのパートに分かれているので端から1/4あたりのところに切れ目があるはず。そこらへんで折り曲げればいいかも。つぎにPUDO発送できない大きなものを送るときに試す。
  • 専用袋を荷物に貼り付けて店員にわたす。
  • ご依頼主控にお届け予定日が書かれているので、購入者に伝えてもいいかもしれない。

いろいろ

  • コンビニ店員は荷物のサイズを計らない。ヤマトが収集後に計る。オーバーサイズだったら追加料金ひかれるんだろう。
  • DVDやCDは余裕でネコポス(195円)でいけるけど、うっかり緩衝材で補強しすぎると厚さがオーバーするので注意。
  • 技術書クラスも緩衝材を入れずに封筒に直接いれればネコポスでいける。
  • サイト連携専用袋はネコポスと宅急便で異なる。宅急便コンパクトはまだ試していない。
  • ネコポスでは配達日時指定はできなかったが、宅急便では配達日時指定をしないとつぎへ進めないようになっていた。デスクトップPCを送ったときは配達日だけ指定して時間は指定しなかったが、配達日・時間ともに指定しない選択肢もあった。ひょっとして指定してしまうと向こうで指定しなおすことができないかもしれないので、配達日・時間どちらも指定しないほうがよかったかも。

PUDO発送(らくらくメルカリ便)

  • メルカリアプリに対応したスマホがなくても、Bluestacks上のメルカリアプリから利用可能。
  • https://www.youtube.com/watch?v=gkBIEKu4PA8
  • 露天のPUDOでは、雨の日は雨粒が邪魔をしてQRコードが読み取れない。手打ちするために番号を控えておく。
  • ロッカーのボックスサイズをS/M/Lから選ぶので、事前にサイズを計って覚えておく。↑のURLのとおり、縦横は44cm×55cmで共通で、異なるのは厚さのみ(S:8.5cm、M:18cm、L:37cm)。
  • PUDO発送においても、宅急便コンパクトで送るには専用BOX(70円)が必要。人に会いたくなくてPUDO発送したいのだが、悲しいかな箱をコンビニで買わなくてはならない。

光回線

なぜ開通月の月額基本料は無料なのか

光コラボは月単位での徴収になるのだと思う。開通が1日だったとすると、乗り換え元の料金は日割りで1日分だけとられるのではなく、月末分までとられる。そのかわり、乗り換え先が初月無料なのだ(厳密には初月は事務手数料3000円と初期登録費(と工事するのであれば工事費)がとられる)。

開通は月末に持ってこないと損だと書いているサイトがあるが、乗り換え元と乗り換え先の料金が大きく違わないのであれば過度に気にする必要はない。

事業者変更承諾番号取得のため乗り換え元に電話したら、日割りで請求するといわれた。ということは、乗り換え先では初月無料だから、開通は月初めのほうがお得だなぁ。

その他

  • 開通日は遅らす分には指定することができる。だから月末に開通されたら困るというときは電話して遅らせてもらえばいい。
  • とはいえ、7月中旬に楽天ひかりに(事業者変更で)申し込んだら、開通日は9月1日になった。1日開通が慣例なのか?DMM光のときはたしか26日開通だったが。あのときは工事ありだった。工事なしだと1日開通が業界のデフォなのかも?

ポイント関連

ヤフーカード

通常はTポイントが1%還元。しかしPayPayをとおしてクレジット決済するとヤフーカードにTポイントはつかず、PayPayボーナスが0.5%還元となる。条件を満たせばPayPayボーナス1.5%還元になるのだが、現在の生活スタイルだと達成できない。クレジットカードに対応している店舗であえてPayPay決済しないほうがいい。ただし100円ショップなどのPay系しか対応していないところで使う価値はある。

楽天ペイ

2020年7月より楽天カード以外のクレジットカードでの支払いは還元対象外となった。ヤフーカードを登録した場合、1%のTポイント還元。PayPay払いでは0.5%のPayPayボーナスだから、PayPay払いよりは楽天ペイで払ったほうがましである。

メルペイ

メルカリ売り上げ残高を出金するにはかならず手数料がかかるため、メルペイが使える店舗ではなるべく使うようにしたい。

細かいことをいうと出金手数料は200円。2万円出金すると1%分持っていかれるので、出金されてきた19800円をヤフーカードで使うと1%の198円分のTポイントが戻ってきてぎりぎり損である。ただウェルシアで使うとTポイントは1.5倍となるためこのレベルでは判断は難しい。

ざっくりといえば、2万円を大きく下回る残高であれば出金せずメルペイで消化したほうがいいし、2万円を大きく上回る残高であれば出金したほうがいい。ただ基本不用品を売っているだけなので、そんな大きな売り上げにはなることはないと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする